2013年02月18日

動物病院

先日、しつけ教室に来てくださった飼い主様のお話・・・

13歳のゴールデンの女の子(困られてるのはその子ではなく2歳のミニチュアシュナウザーちゃんでした)
5年前に癌にかかり、(詳しくは聞かなかったのですが右前肢です)褥瘡で毎日のように病院に行き治療をしてもらったのに、よくなるどころか、ジュクジュクは悪くなる一方で・・・あげくに断脚を勧められたそうです。褥瘡がひどくなることで少し不信感を持っていたので、病院を変えたそうです。
結果、今この子はちゃんと4本の足で歩いていました。
年齢のため、軽やかな足取りとは言えないけども、しっかりとした足取りでした。

別の病院でどんな治療をしたのかは聞きませんでしたが・・・3本足になることはなかったのですね。
初めにかかっていた病院も断脚が最善の方法だと思ったのでしょう!
でも、切るよりは切らないほうが絶対にいいに決まってる!!

病院選びって本当に難しいですよね。
何を基準に選べばいいのかわかんないですね。
すずとあかりの先生は信頼しています。
看護師さんがいないので飼い主が保定するのですが、私は(たぶん犬も)その方が安心なので。
でも、いざという時のためにセカンドオピニオンも必要だなと思う出来事でした。IMG_0529.JPG



posted by wizmori at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。